2009年再生まとめ

051月10

Last.fmによる統計で2009年の個人的な再生状況を調べてみました。正確には1月5日に過去12ヶ月間で出しているのでちょっとブレますが、まあ大した違いは無いでしょう。

2009年再生トラック個人的ベスト20

  1. ムック – 蘭鋳(256)
  2. ムック – 大嫌い2006(160)
  3. BUCK-TICK – GALAXY(140)
  4. ムック – 空と糸(113)
  5. ムック – アゲハ(110)
  6. ムック – 咆哮(109)
  7. BUCK-TICK – Les Enfants Terribles(106)
  8. ムック – ファズ(99)
  9. ムック – 流星(97)
  10. ムック – せんちめんたる(93)
  11. BUCK-TICK – アンブレラ(92)
  12. BUCK-TICK – 真っ赤な夜 -Bloody-(92)
  13. cali≠gari – マグロ(90)
  14. BUCK-TICK – 勝手にしやがれ(87)
  15. BUCK-TICK – Jonathan Jet-Coaster(86)
  16. BUCK-TICK – スズメバチ(85)
  17. BUCK-TICK – Memento mori(85)
  18. BUCK-TICK – 天使は誰だ(78)
  19. BUCK-TICK – Coyote(78)
  20. BUCK-TICK – Lullaby-III(78)

蘭鋳とか大嫌いとか、ストレス溜まってたんですね。わははは。

見事にムックとBUCK-TICKに占拠される中、カリガリのマグロが入っていて、ストレs(ry

続いて再生アルバムベスト20。

アルバムに含まれるトラックの再生数の合計なので、正確にはアルバム通して聴いた回数じゃないけど。

  1. BUCK-TICK – Memento Mori(1,224)
  2. Ton Koopman – Goldberg Variationen BMV988(1,002)
  3. ムック – WORST OF MUCC(744)
  4. ムック – 球体(696)
  5. Dora Hristova & The Mystery of Bulgarian Voices Choir – Bulgarian CustomSongs(660)
  6. cali≠gari – グッド、バイ。(547)
  7. Pablo Casals – Bach: Cello Suites (Casals)(541)
  8. ムック – 極彩(472)
  9. cali≠gari – カリ≠ガリの世界(434)
  10. ムック – 志恩(434)
  11. Gidon Kremer – J.S.Bach / 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ全曲 – Kremer(406)
  12. cali≠gari – 10(347)
  13. Gidon Kremer – Bach (JS): Sonatas & Partitas for violin solo [Disc 1](329)
  14. Dead Can Dance – Into the Labyrinth(324)
  15. AA= – #1(302)
  16. D’ERLANGER – the price of being a rose is loneliness(293)
  17. Plastic Tree – ウツセミ(277)
  18. lynch. – SHADOWS(271)
  19. D’ERLANGER – Lazzaro(253)
  20. Marilyn Manson – The High End of Low(245)

トータルとしてアルバムはBUCK-TICKの新譜を聴いていたみたい。

コープマンとかカザルスと、クレメール、Dead Can Dance、ブルガリアン・ボイスが上位に入ってるのは寝るときに自動再生してるから(且つ一曲が短いので再生数が跳ね上がる)。WORST OF MUCCは確実に蘭鋳効果。

最後に再生アーティストTOP20

  1. ムック(4,759)
  2. BUCK-TICK(3,378)
  3. cali≠gari(1,830)
  4. Plastic Tree(1,479)
  5. Ton Koopman(1,002)
  6. Gidon Kremer(740)
  7. D’ERLANGER(729)
  8. Dora Hristova & The Mystery of Bulgarian Voices Choir(660)
  9. lynch.(613)
  10. ギルガメッシュ(588)
  11. Marilyn Manson(584)
  12. Pablo Casals(579)
  13. メリー(521)
  14. 睡蓮(480)
  15. D’espairsRay(381)
  16. Dir en grey(377)
  17. 川井憲次(345)
  18. Dead Can Dance(344)
  19. Coaltar of the Deepers(337)
  20. AA=(317)

2009年はムックムクにされました。ライブも合計10回で最多だし。

そして比較的新しい、今まで自分が聞いていなかった音楽を意識して聴こうとしていた一年でした。BUCK-TICKは2位に甘んじたのはそのあたりが理由かも。

lynch.やディスパが上位に入っているのも同じ理由だけど、たくさん聞いた割には楽曲が体にいまいち染み込んでこない感は否めない。楽しいし、好きなんだけど、もっと楽曲とライブにバリエーションが出るとすごく好物になるのになあ、という。

カリガリがアルバムTOP20に3枚入っていて、トータルだと3位、4位がプラと、密室色だったのも今年の特徴です。いやあ、カリガリには本当に振り回されたし楽しませてもらいました。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。