D’ERLANGER 薔薇色の人生 @ 2008.5.6(tue) 日本武道館

085月08

f:id:tzk:20080506164235j:image

開場、開演は約30分押し。意外と目立つ空席。むう、まあ無理もないか。

しかしステージングは意外なほど豪華だった。オープニングは「DARLIN’」。

2曲目「TABOO」では生のホーンのお姐さんが3人登場。中盤の「SAD SONG」ではステージ後方のスクリーン裏に小編成のストリングスの生演奏。

TETSUのドラムソロでは4人編成のマーチングバンドが登場。「Elod」でちらっと聞こえるようなマーチにあわせTETSUとの掛け合い。自己満足に終わらない、エンタテイメントとしてのドラムソロで観客をノせるのが上手い!

「柘榴」ではPVにも出演していたミス・キャバレッタが登場。大きな羽根扇子をふりかざし優雅に官能的に踊る様は、PVよりもさらに圧倒的。舞台映えする人だなあ。メンバーともっと妖しく絡んでほしかった。

1回目のアンコールでの「an aphrodisiac」は圧巻の一言に尽きた。SEELAのベースにTETSUのドラムが絡み、CIPHERのヒステリックなリフが舞台をカオスに堕とす。そして、こういう狂気じみたシャウトをさせたらKYOの右に出る者はいない。

そして3回目のアンコール。奏でられたのは「amaoto」。またしてもスクリーン裏にストリングス。しかも「SAD SONG」よりもゴージャスに中編成で。ずっと低音で進行するこの曲は、2時間半聴き続けて難聴になった耳にはつらいものがあったけれど……。

終演SEの「Elod ~Symphony 4 INCARNATION OF EROTICISM」が流れ、メンバーがハケた舞台スクリーン上に「NEXT」の文字。そして7月のスタンディングツアーの発表。正直「これでまた活動休止」も心の片隅では覚悟していただけに、嬉しい。

終演後、せっかくの初武道館なのにもっとやってほしい曲があったという声もちらほら聞かれたが、私は今のD’ERLANGERを全肯定したい。

18年前の若さと勢いを覚えている旧ファンに媚びるのでもなく、若い新規ファンに殊更見せ付けるでもない。

官能と狂気を意識的に纏った、キャリアを重ねた大人の色気が醸しだす「大人による大人のためのヴィジュアル・ゴシック・ロック」だった。

決して満点とはいえないライブだったけど、すっかり魅了された私はアルバムのリピート再生がやめられません。

たとえば曲間があまりリズミカルに進行しないのが気になったり、ビート主体の旧曲に対してショウ的な新曲ではファンの熱気にあからさまな差があったり、そういった全体的な温度感が気になったのも確か。でもそれはライブを重ねることによって解消されていくはずのものだと信じたい。

ZEPP TOKYOは絶対行きたいなあ。

セットリストはオフィシャルサイトにアップされているのでそちらを参照。



No Responses Yet to “D’ERLANGER 薔薇色の人生 @ 2008.5.6(tue) 日本武道館”

  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。