2007-11-10 BUCK-TICK@京都会館メモ

1011月07

id:tzk:20071010に続き、月刊BUCK-TICK11月号をお届けします。

  • 開場待ちの列に並んだ甲斐あり、渋公で買えなかったTシャツが買えたよ。
  • 勢い余って手を出すまいと心に誓っていたトレカも買ってしまったよ。
  • チケットが届いたときに「また9列目だ!」と引き続きの一桁に喜んだものの、調べたら京都会館は会場の後ろが1列目で前に行くに従って列番号が大きくなるシステムでがっくり。
  • というわけで、1階PA席の少し後ろくらいでしたよ。
  • 音がよかったし全体がよく見えたので、これはこれで。
  • さて。前回行った渋公2日目とは違うバージョンのセットリストだったので、ここから微妙に比較が入りますよ。(渋公でセットリストを細かく書かなかったので)
  • 開演前のSEはテクノだったかと思えば女性ボーカルの歌い上げ系の曲が始まったりしてよく分からない選曲。
  • 渋公では「RENDEZVOUS」だったオープニングは「Mr.Darkness & Mrs.Moonlight」に。オープニングでBUCK-TICKのギター二人がアコギを抱えてるという衝撃のビジュアル。
  • 「モンタージュ」で手はギターリフを弾きながら足上げてテルミンを操作する今井さん。
  • その今井氏は「見えないものを見ようとする誤解 全て誤解だ」でリフの代わりにバッハの小フーガ。渋公ではやってなかったはず。ハマってるけど! ま、また自由なことを……
  • 櫻井さんはブラウンのレザーっぽいスーツに、中は黒いシャツ。ベージュのストール。渋公の闘牛士みたいな格好よりこっちのほうがいいです。
  • 遠くから見るとライティングがとてもきれいな演出。特に「snow white」や「RAIN」。
  • アンコール一曲目はやはり4人で「Sid Vicious on the Beach」。「よかったら」と左指で上を指しぼそっと喋る今井さん。
  • 「Sid Vicious on the Beach」のリアレンジ、渋公ではよくわからなかったけど、あ、これSEX PISTOLSじゃん!と気がついた。「Anarchy In the U.K.」リスペクトな感じで。今井氏の志向がプリミティブな方に向いてるのが非常によくわかる。そしてかっこいい。
  • 2曲目は「Baby, I want you」。渋公では「唄」でした。最後の「Baby I want you~」とボーカルが残る部分を櫻井さんは「Baby I want Kyoto~」と。
  • 1回目のアンコール終了後にやはり点灯する客電。渋公では「えええー!!!」と猛烈な悲鳴が上がってたけど、ツアーも後半になり情報が回っているのか京都では反応薄。そろそろこのギミックはやめてもいいのでは。
  • 2回目のアンコール1曲目は「MACHINE」。これも70’sパンク風のアレンジ。今井さんはジョン・ライドン化が進行してる気がするよ。カッコよかったので是非音源化してほしい。
  • 次が「ICCONOCLASM」で、メンバー紹介。アニイはまた長いドラムソロ。いやあ、BUCK-TICKのライブでドラムソロが恒例になるとは思いもしなかった。
  • 最後は「スピード」。この流れで締めるのはズルい(笑)。否が応でも盛り上がってやりきったって感じがしてしまうもの。
  • 皆が袖にハケて、最後にステージに残ったユータさん。ボーカルマイクの前でタオルを一生懸命に丸めて結んで、さあ遠くに飛んでけとばかりに投げたらあっという間にほどけて2、3列目辺りへハラリ。ユータさんがっくり。
  • マイクで「ありがとう!!」とか何とか叫んで大の字に跳ねて去っていきました。かわいかったけど、かわいかったけど! 40歳がそんな弟キャラ全開なかわいさでどうする!

京都の人はもっと冷めてるかと思いきや、後ろのほうまできっちり盛り上がったいいライブでした。セットリストもこのほうが私は好きだな。渋公がとてもテンションの高いライブだったので、1ヵ月経ってこなれたという部分も特に見当たらず安定してる感じ。

さて、12月号は12月29日のツアーファイナル武道館の模様をお届けする予定です。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。