CD・DVD買いログ(-2007.9.29)

299月07


ごたごた長文を書いていたのだがやめだ、ヤメヤメ。BUCK-TICKの新譜とD’ERLANGERのDVDが凄い。
BUCK-TICK『天使のリボルバー』。ゴシックやサイバーパンクといったパブリックな仮面を脱ぎ棄てて現した、強靭な生のバンドの音。そして本来持っていた生きることと死ぬこと、愛することのメッセージをダイレクトに表現している。まさかBUCK-TICKがこんな生々しいバンドになるとは思わなかった。中でも「リリィ」は蓋し名曲。泣ける。しかしジャケットがエロいなー。ヤバいなー。
D’ERLANGER復活ライブDVD。こちらはビジュアル系のルーツというイメージと解散からの17年間に醸成された伝説を忠実に、そして過剰に、美しく作り上げてみせた。もちろん個々のキャリアに確実に裏打ちされていることは言うまでもない。完璧だ。素晴らしい。そしてその仮面を取り払っても、Kyoというボーカリストの素晴らしさ、熱さを感じることができる。ヘビーローテ。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。