COTD@UNIT 2007.8.12(sun)

138月07

COALTAR OF THE DEEPERSのライブに行ってきた。BUCK-TICKのライブで見てから気になっていたのだ。副題は「俺たちのサマーソニック VOL.2」。ヴォーカルNARASAKIはMCで「幕張なんか……行くかっ!」と申しておりました。
COTD初心者としてはモッシュのおこるようなメタル/ハードコア系の曲と聞かせる系の曲とのギャップに結構戸惑った。中盤、インプロ満載感漂うガーガーピーピーのインストが始まったときには、このライブはどこに行くのかと不安になりましたよ。あと確かにシューゲイザーを思わせるサイケなギターポップもあって、カオス。お客さんは慣れてるふうだったから、いつもこうなのだろうか。
終盤はハードなナンバーを畳み掛け、モッシュの嵐。しかも男子メインなものだから人が飛ばされる飛ばされる。さすがに突っ込む勇気はなかったわ。
COTDは私のアイドルではないので、居るだけでテンションが上がるようなバンドではないけれど、聴けば聴くほど謎が深まる感じ。NARASAKIも結構喋っていて意外な感じだった。もっとこう、ストイックにMCなんかしない、って感じかと思いきや。MTVでのエヴァンゲリオンの全話放送のインフォマーシャルに曲が使われたのがだいぶ嬉しかったようで。「嬉しかったー」「今年一番嬉しかったー」と言っていたのが印象的でした。アクエリアン・エイジのサントラもアルバムに入ってたしな。10歳くらい年上のはずなんだがな……。
Wikipedia見て気が付いたがギターはPlastic Treeの人だったのか。へー。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。